Feeds:
Posts
Comments

Archive for July 30th, 2010

[offtopic] 火腩飯潮文

最近喺高登見到一篇火腩飯潮文,心血來潮將佢譯咗做日文。

火腩飯(フォーナンファン・焼豚飯)を完食する度に、彼女に別れよと言いたくなっちゃう。俺がどれほど茶記で悟ったことを理解してもらっていないことも、よくわかってきた。

彼女に何が食いたいと聞かれても、返事さえしたくない。和食?秦国料理?アマイ!いつまで我慢できるかい!生肉を口にする彼女のことを。百度以上の炎に焼かれていた火腩は、修羅場で何よりも長い試練に耐えて乗り切ったものだ!ただ一切れでも、歴史を持っているんだ!刺身?刺身に何がある?馬鹿な香港お嬢さんみたい!バカバカしい、生々しい!

俺の人生なら、豆腐、ゴーヤ、トウガン、ゆば、良いともにめぐられる火腩のようになりたい!

たまに、一人っきり茶記で火腩飯を食うとき、孤独感が寄せかけてしまう。この世に分かってくれる人はいないのかい?青島ビールを頼んで、コップの中の黄色い液体を睨むと、見えない!と気づいた。世の中に何が把握できるかを思い込んでしまった。迷っていた。

茶記を出ようと、レジで会計を。この一瞬、枝竹(ゆば)火腩飯を食っていたOLがいた。彼女は俺を見ていた。俺も彼女の目から離せなくなっちゃった。
二人とも声にせず、頷いた。
世に同じ考え方を持っている人に初めて会えて、感動した。
だが、涙を耐えて無声に去った俺。カバコを吸い始めて、顧みずに帰った。なぜ滅多に無い姻縁を切ったのが知りたいだろう、彼女は。

知らない。この瞬間、自分が旅ガラスであることが知った。

Read Full Post »